メイン写真 メイン写真

建築事例index

Works Case#008

私たちにちょうどいい心豊かな人生を歩むための家
Works Case#008 千曲市内川M様邸

生活時間の違う母娘のそれぞれの生活に配慮した設計、そして目を引くファサード。家事が楽で生活しやすく隅々まで手の届く家がA様の理想の住まい。

建築家/齊藤 真二
(Atelier if 一級建築士事務所)

この施工事例をみる
Works Case#007

空間のグラデーションがもたらす心地よさを堪能する家
Works Case#007 長野市松代町S様邸

「ちょうどよいを使い分ける上級向けの住まい方」 外・半外・半内・内、開放性と閉塞性、相反する要素を隣り合わせにし、グラデーションにつなぐことで季節や状況によって「ちょうどよく」使い分ける空間パフォーマンスが魅力。

建築家/中田 啓予
(ナカタヒロヨスタジオ)

この施工事例をみる
Works Case#006

条件をポジティブに変える、明るく閉じた家
Works Case#006 長野市川中島K様邸

建築土地の南面は県道。自動車や歩行者の往来が激しく信号待ちで真っ先に目に留まる。そんな場所で解放感とプライバシーの両立を実現した。さらに家で過ごす時間をワクワクさせる建築家の仕掛けが一層暮らしを豊かにする。

建築家/辻岡 直樹
(辻岡直樹建築設計事務所)

この施工事例をみる
Works Case#005

南側に軒の出と大開口の窓が設けられたパッシブハウス
Works Case#005 長野市松代町K様邸

「ガレージのような家」「仕切りのない家」をご希望されたK様。建築家との打ち合わせによって誕生したのはアメリカンガレージをイメージした、シンプルでスタイリッシュな外観。仕切りのない家というご希望に合わせ、扉は少なくしたプラン。リビング内階段と吹き抜け空間を一体化させることでご家族のコミュニケーションが増えるとともに家族の居場所が常に感じることができる空間。建築家と実現したK様の理想の住まい。

建築家/森田 淳平
(森田淳平建築設計事務所)

この施工事例をみる
Works Case#004

同一敷地内にある親世帯と適度な距離を保つ家
Works Case#004 長野市篠ノ井N様邸

「家族の絆を深めたい」リビングを北側にした大胆なアイデアがひかる住まいです。距離とつながりは家族と住まいの健康に欠かせないポイント。個人のプライバシースペースと家族のつながり暮らしと近隣関係、同一敷地内に異なる世代が暮らすなどでは特に大切になります。そんな距離感とつながりの程よい住まいのバランスを大切にしました。

建築家/中村 文典
(n+archistudio)

この施工事例をみる
Works Case#003

L字の設計でプライバシーと開放性を両立した友人を招く家
Works Case#003 長野市大豆島Y様邸

大豆島の閑静な住宅街にたたずむ黒と板張りが特徴のL字の家。おしゃれ好きな夫婦が求めたのは友人を呼んで開くBBQパーティーと広いリビング。「LDKは使い勝手がよく細かい収納が欲しい。余暇の時間はTVを見ながら晩酌したい」と楽しく話すY様ご夫婦。これから生まれてくるお子さんとの未来を想像しながらのヒアリング。建築家の細かい気配りが映える住まいができあがりました。

建築家/羽田 彩乃
(羽田建築設計事務所)

この施工事例をみる
Works Case#002

吹抜と土間のある家
Works Case#002 長野市北長池K様邸

「自由であり、開放感のある家」が家づくりのテーマ。ご主人がアウトドアが趣味で、奥様は観葉植物を土間に置きたいというご要望から広い土間を提案、リビングにウッドデッキを併設。土間からの行き来やLDKからの動線も良く目の前が田んぼであるため気兼ねなく楽しめる空間となった。大きな吹き抜けはとても開放感があり、建築家のアイデアでK様のご用意にぴったりの楽しめる家となった。

建築家/田島 則行
(テレデザイン一級建築士事務所)

この施工事例をみる
Works Case#001

インナーテラスから注ぎ込む自然光あふれる2階LDKの家
Works Case#001 長野市松代町M様邸

駅から近い住宅街で土地を探していた。そこで出会った角地の土地。2方向道路からの視線を遮りつつ、青空を眺める窓や開放感のある個室づくりを実現。住まい手の要望であったバスコートもプライバシーを確保し提案。空間のゆとりと豊かさを兼ね備えた住まい。

建築家/宮武 淳夫
(宮武淳夫建築+α設計一級建築士事務所)

この施工事例をみる