メイン写真 メイン写真

Technology
〜最高性能を生み出す技術〜

最高性能を生み出す技術

断熱性能を下支えするのは気密性能であり、どれだけ丁寧に隙間なく施工できたかで決まります。最新の高性能な断熱材やサッシも、そのポテンシャルを発揮できるかは施工精度の良し悪しで決まるといっても過言ではなく、住まいの健康と快適と安心は大工の技術力で大きく変わると考えます。

一邸一邸デザインが異なる注文住宅においては、そのデザイン固有の気密に対する弱点(構造的には問題ない)が生じる場合があります。その弱点を理解し対応できるのも、これまでに多くの高性能デザイン住宅を手掛けてきた社員大工の技術と経験があるからです。

写真1写真1

デザインをカタチにする技術

どんなに優れた設計も施工がよくなければ高い品質を守れません。プロの設計士のデザインの意図を読み解きカタチに仕上げていくのも技術と経験が必要です。中澤勝一建築は、これまでに厳しい目を持つプロの設計士住宅をたくさん手掛けてきた実績があります。

単に図面に描かれた家をその通りに建てることではなく、デザインの意図を読み解き唯一無二の住まいとしてカタチにするところまでを技術だと考えています。

写真1写真1

「良い家」をつくるのは伝統とチームワーク

お客様の「良い家だなぁ・・・」をカタチにしたい。その良い家には「いつまでも永く”愛着のつづくデザイン”と”快適で健康的に安心して暮らせる性能”」があって欲しい。中澤勝一建築が大工を社員とし古民家再生に取り組むのは、受け継がれてきた技術と経験を未来に継承していくため。それは「良い家」をつくり、お引渡し後もずっと安心して暮らし続けていただくことに繋がると考えるからです。受け継いでいるのは営業、設計、監理も同じです。そしてそれが中澤勝一建築の伝統です。

最終的に家をつくるのは大工の技術です。しかし、それだけでは「良い家」にはなりません。同じ伝統を受け継いだ全てのスタッフの技術と経験が上手く組み合わさることで「良い家」が実現します。技術も経験も一朝一夕にはいかない。中澤勝一建築の伝統とチームワークでお家づくりをサポートいたします。

写真1写真1