メイン写真 メイン写真

N design
HEAT20 G3

松代モデルハウス

N designとは、中澤勝一建築の強みである「性能×設計×技術」から生み出される住宅ブランドです。
N designがHEAT20 G3スペックの住宅性能を採用した理由は「豊かな暮らし」をお客様に提供するため。
私たちができるいちばん良いものをお客様に提案するためです。

松代G3モデルハウスは「性能×設計×技術」から生み出される住まいの価値を実際にご体感いただけるモデルハウスとなっています。

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

「地元の力で価値のある住宅風景を守っていく」

N designの大切にしているコンセプトは、地元の力で価値のある住宅風景を守っていくこと。これは、中澤勝一建築が目指している住まいづくりの根底にある想いです。

中澤勝一建築の住まいづくりの基本となる「大工魂」には地元で職人の技術を継承し住宅風景を守っていくという意思が込められています。大工の職人は、経験の豊富な年配者から、これから大工職人として一人前を目指す若手まで所属しています。それは技術の伝承を通じて、地元に価値のある住まいづくりを残していくためなのです。

N designのモデルハウスは、高い住宅性能とデザインを両立しながらコストパフォーマンスの良い住まいを表現しています。全てにおいて高いレベルの仕事を求められている職人の技術は高くなくてはなりません。N designが提供する価値のある住まいは「大工魂」という思想に支えられているのです。

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

「その答えは、日々是好日。」

中澤勝一建築のブランドであるN designは、これからの住まいづくりをG3のスペックで建てることを提案しています。その第一弾となるのが松代モデルハウスです。

建築家・ナカタヒロヨ氏がG3の性能を利用して設計した住宅の答えが「日々是好日。」

いつもある日常的な時間が豊かであることを実感できる空間を目指したG3スペックのモデルハウス。長野に居を構えるナカタヒロヨ氏は、信州の気候を熟知しています。夏と冬の厳しい気候をストレスなく穏やかに暮らせることを表現した設計となりました。

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

「快適性」

断熱性能Ua値0.22W / m2・k以下、気密性能C値0.23cm2 / m2以下という超高気密高断熱性能を有しているモデルハウスは、一年中春のような快適性を低ランニングコストで実現します。

一歩室内に入ると、玄関からLDK、そして脱衣所に至るまで家中が一定の温度で保たれ快適な空間が広がります。部屋ごとの温度差は、生活する人のアクティビティを低下させると考えています。家中が一定の温度で保たれていれば、階段スペースや玄関スペースまでもがリビング空間の一部となり生活の幅が広がるのです。

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

モデルハウス内の空気はとても清涼で心地よい環境を保っています。これに寄与しているのが「涼暖(※)」です。

涼暖とは、床下(基礎内部の空間)や階間(1階と2階の間の空間)に空調の風の通り道を作り、各部屋までエアコンの風を送り込むシステム。室内空間の空気を大きく攪拌することなく家中を一定の温度に保つことのできる新しいシステムです。

涼暖によってエアコンの風を直に感じることが無いため、清涼で静かな空気環境が保たれるのです。特に冬場の乾燥を気にする方などへはお勧めです。人が乾燥を感じる理由の一つが風の流れ。風を体に直接感じると肌の表面から湿気が奪われ乾燥を過度に感じることになります。快適性を確保するためのあらゆる選択がされているモデルハウスとなっています。

「涼暖」について詳しくはこちら

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

「広がる生活空間」

家中を一定の温度で均一に保てる住宅性能は、間仕切りも少なくすることができます。G3の住宅スペックは、設計の概念を変化させます。間仕切りを少なくすることで玄関からLDK、そしてリビング階段にすることで2階の居室へと空間がつながっていき、開放性のある生活空間が得られます。玄関スペースや階段空間、廊下がリビング空間と一体となり、これまでの生活空間の概念が変わることでしょう。

どこからが玄関で、どこからがリビングなのかが曖昧となり、いつの間にか階段空間を抜けてキッチンエリアにたどり着く。住まい手にとっては、どのエリアも居場所となり生活の場が増えるのです。生活の場が増えれば住まい方のバリエーションも必然と増えてきます。ナカタヒロヨ氏とN design新しい生活の仕方を提案します。

これにより、必要以上の大きさの建物を建てることなく広がる生活空間を実現できます。断熱性能にコストをかけると、余計な大きさの建物をつくることなく広い生活空間を獲得することができるという考えにもなっているのです。

「圧倒的な吹き抜け空間」

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス 中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

リビング空間において圧倒的な開放感を演出するのが「吹き抜け」。ソファーに座れば視点が低くなり、天井の高さがより高く感じられ開放感を感じることができます。リビングの天井は外側の軒裏とつながる木板のデザイン。外の軒裏とつなげることで自然と視線が外へと導かれ、同素材で空間をつなげていくことで開放性を更に演出します。吹き抜け上部のハイサイド窓は内と外をつなげるだけでなく、その先の長野の空を切り取りピクチャーウインドウとして景色をリビングに取り込み、住む人を楽しくさせてくれます。

安心感のある剛性と快適性を確保する温熱環境は、吹き抜け空間の居心地に直結します。どんなに開放的でデザイン性が良くても、安全性に不安を抱え、上下の温度差を感じる不快感は居心地の良い空間とは言えません。住宅性能を熟知したナカタヒロヨ氏の大胆かつ緻密な設計技術が「圧倒的な吹き抜け空間」をつくりだしているのです。

「シンボリックな壁が果たす効果」

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

床から天井までグラデーションでつながっていくシンボリックな壁がリビングに存在します。唯一、このモデルハウスのアクセントと言っても良いかもしれません。

ゾーンの分離や視線の抜けや止め、光の反射、蓄熱、など様々な効果のためにナカタヒロヨ氏は最初からこの壁を設計の中心に置いています。

壁の裏側には人が行き来する廊下的な空間と階段が存在しています。様々な機能の空間が曖昧につながることを計算し、壁を設計しました。すべてがオープンにつながることで開放性を作ることもできますが、今回はあえてそれぞれの機能が完全に遮断されることなく緩やかにつながるよう構成されました。

壁は、時には落ち着くための拠り所ともなります。完全に仕切られていないシンボリックな壁の周りに家族が居場所を見つけ緩やかにつながる距離感をつくりだしているのです。

「陽だまりのある生活」

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

玄関土間に差し込む光は暮らしに彩りを与えます。玄関でありリビングであり、土間空間は多目的な中間領域として存在しています。使用目的が住まい手に任されている多機能な土間空間に光が差し込み、住まい手のインスピレーションを掻き立てます。リビングの上部から差し込む光の筋も季節によって変化するので、光の入り方を見ながら季節の移ろいを感じるのも楽しみのひとつになります。

ダイニングエリアにはL字のベンチを採用し。ベンチに座りながら、大きな窓の外にある植栽に目を向けてみたり、外の植栽の葉と葉の間から抜けてくる光を浴びながら食事を楽しんだり。暮らしの中に様々な陽だまりを作り、季節感と共に光の時間を感じるのも「日々是好日。」

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

「基礎から断熱する」

土間空間は、中澤勝一建築が採用する基礎断熱の使用で可能となります。基礎はコンクリートの素材で作られています。コンクリートは蓄熱する素材ですので、冬の寒さにコンクリートを晒してしまうと、冷えが蓄熱し室内に冷輻射として熱を伝えてしまいます。信州の冬は厳しく、その寒さをコンクリートの基礎を通じて室内に入れてしまっては、底冷えする寒さに耐えながらの生活を余儀なくされます。

どんなにデザインが良くて、間取りが広くても、夏暑くて冬寒い住まいは楽しくないと思うのです。冬の暖かな陽だまりの土間を楽しむために基礎断熱からこだわっています。

「内外のつながりを設計する」

外の空間が内部とつながりを持つと、空間だけでなく生活の幅も広がっていきます。玄関土間から外の土間につながり、庭へとつながっていく、家の中の遊びと外の遊びがシームレスにつながり、家族の楽しみも広がっていきます。

バーベキューをしたり、テントを張って遊んでみたり、土間先に椅子を置いて陽だまりの中でお茶を楽しんだりと、暮らし方のバリエーションが多くなり生活が豊かになります。庭先に植えるモミジの樹形にもこだわりを持って植栽します。外観デザインと植栽のバランス、リビングから土間のサッシのガラス越しに見える植栽の位置なども計算に入れています。アウトドアリビングを設計することもN designのコンセプトとなっています。

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

「職人の技術で実現する」

高性能住宅は、高性能にしていけばいくほど施工の難易度が上がっていきます。断熱材は厚くなり、外と内とでダブルで施工していかなければなりません。G3スペックの住宅性能で気密を守りながら施工をしていくことは理論以上に難しいことです。

作業量も大幅に増えていくことで施工チェックの回数も自ずと増えていきます。断熱材はただ貼ればよいというものではなく、結露を防ぐ気密性も担保しながら施工しなくてはなりません。作業量が増えていく中で、気密性を作る正確で丁寧な施工が求められていくのです。

棟梁の一人は「難易度が上がり手間は増えても、確実に良い住まいを適正な時間で作り上げることが大事」といいます。中澤勝一建築の「大工魂」は、難易度の高い施工に対して挑戦し続けているのです。

「日々是好日」

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

設計者であるナカタヒロヨ氏は今回のモデルハウスのテーマを「日々是好日」としました。

「日々是好日」はナカタヒロヨ氏のライフテーマでもあります。設計者として主に住宅を手掛け続けてきたナカタヒロヨ氏は、特別でない普段通りの日常がある時間が豊かだと感じているといいます。決して奇をてらうことなく普段使いが心地よい住まいを提案し続けてきました。その土地の特性を素直に受け止め、自然や街並みに溶け込む建築を意識し続けているのです。

長野の風景の中には黄土の土壁が多く存在します。長野の歴史や伝統を意識した黄土の土壁を表現した仕上がりを採用したのも地域に溶け込む建築の思想からくるものだといいます。

長野は周囲360°山に囲まれています。今回の敷地も東西南北に山が望める立地でした。室内のどこからも長野の山が望めるよう配慮した窓の配置。長野の四季を常に感じられるよう設計されています。当たり前の景色を特別な記憶にのこすこと。これも「日々是好日」のコンセプトからくるものです。

G3という住宅性能を設計に取り入れることで、固定概念にとらわれない空間のあり方、そして住まい方があるのだと思います。

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

「N design」

N designが挑戦したモデルハウスは、「設計」と「性能」と「技術」の関係性の中でつくられています。G3の住まいづくりは、これらの要素の何が欠けても成り立ちません。ただ、性能の良い住宅をつくるということにとどまらないブランドがN designなのです。

中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス

すべての答えは、住まい手の「日常」にあると考えています。日常は、住まい手によって千差万別。その土地の風土や習慣を背景に、住まい手の要望に応えていく。中澤勝一建築の伝統と知恵が、G3スペックの住まいづくりへの挑戦の原動力となっているのです。

N designモデルハウスのスペックはこちら

【 モデルハウス基本情報 】

【 N design 松代モデルハウスの見どころ 】

HEAT20 G3モデルハウス見どころ/中澤勝一建築HEAT20 G3モデルハウス見どころ/中澤勝一建築
中田啓予 写真

建築家・
中田 啓予

(Nakata Hiroyo)

一級建築士事務所ナカタヒロヨスタジオ(長野県)https://nakatahiroyo.com

「住宅の設計とは、住まい手の立場に立った、心地の良い暮らしのための「うつわ」作りと考えています。構造、機能、環境計画、デザインをバランスよく考えることが大切です。そして自由な発想を持ち、暮らしを楽しくするための工夫を忘れず、楽しい家づくりを心がけています。」

  • 1978年 富山県生まれ
  • 2001年 日本大学生産工学部建築工学科居住デザインコース 卒業
  • 2001年 小林盛設計事務所 勤務
  • 2005年 ナカタヒロヨスタジオ 設立
  • 2012年 長野アトリエを開設
  • 2019年 事務所所在地を長野へ移転

”暮らしの常識が変わる” N design松代モデルハウス内覧

【アクセス】

メールフォームからの内覧お申し込み

下記ご予約フォームより、お申し込み日の翌々日以降の日時でご予約(第一希望日 / 第二希望日)ください。
ご希望日を確認・調整の上、担当者よりメールにてご連絡させていただきます。

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認用)
電話番号必須
郵便番号
必須ご住所
必須松代モデルハウス内覧のご希望日時を入力して下さい。

第一希望日


第二希望日


※上記以外のお時間をご希望の場合は、メッセージ欄へご記入下さい。
ご来場予定人数
  • 大人 
  • お子様
ご興味のある項目

※複数回答可

メッセージ

お客様の個人情報、お寄せ頂いた内容は厳重に取り扱います。
お寄せ頂きました内容は、お客様へのお返事ならびに、当社のサービスの提供に生かすためのもので、それ以外の目的で使用することはございません。

また、お客様からご提供頂いた個人情報を尊重し、プライバシーの保護に努めております。
詳しくはこちらの プライバシーポリシー をご覧ください。